四十肩・五十肩が中々治らない方へ【原因と対策】

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は四十肩・五十肩が治らない方の原因と対策について記事を書きました。

四十肩や五十肩は、3つの分類に分けられます。

  • 炎症期
  • 拘縮期
  • 回復期

の3つです。

炎症期は発症したての時期で、何もしなくてもズキズキ痛んだり、夜寝ている時に痛みが強く出たり、少し動かすだけでも激痛が走ります。

この炎症期の場合は、しばらく安静にしていたりすると治ってくるのですが、中々治らないという方で多いのが拘縮期、回復期の方です。

拘縮期や回復期の場合、炎症期と違って強い痛みが減っているのですが、肩の動かせる範囲が狭い状態になっています。

痛みは無いけど、肩を動かせる範囲が狭いまま何年も経過しているという患者さんが意外に多いです。

痛みは無いけど、肩を動かせる範囲が狭い人は、また四十肩・五十肩を再発しやすい状況なので、しっかりと改善した方が良いです。

今回の記事が四十肩・五十肩で中々治らない方の参考に少しでもなれれば幸いです。

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩は正式名称では無く、いわゆるあだ名みたいなものです。

四十歳と五十歳の方に多く発症することからつけられていますが、正式名称は肩関節周囲炎です。

四十肩・五十肩について詳しく記事を書いているのでこちらをご参照ください。

五十肩の症状・痛みの種類と対策

こちらでも簡単に説明をすると

  • 炎症期
  • 拘縮期
  • 回復期

の3段階に分けられます。

炎症期はその名の通り炎症が起きているので、腕を動かせば激痛が、腕を動かさなくても痛みが続き、夜も眠れないぐらいの痛みです。

拘縮期は炎症期が治って強い痛みが無くなるも、炎症期で肩を動かさなかった影響が出て肩の動かせる範囲が狭くなり、一定範囲以上の動きをしようとすると痛みが出ます。

回復期は動かしてもさほど痛みなどは出ないものの、肩関節の動かせる範囲が正常になっていない状態です。

この3つに分類されるので、四十肩・五十肩といってもどのような症状なのか?どういう時に痛むのかで対応が変わってきます。

四十肩・五十肩は放置していると治る?

四十肩・五十肩を放置していたら痛みは無くなって肩も動かせるようになったと患者さんから言われる事があります。

詳しく患者さんの状態をチェックしていくと本当に肩の関節の動く範囲が回復している人もいれば、痛みは無くなっているが肩の動きが不十分な方もいらっしゃいます。

なので、痛み自体は良くなって行くが、本当の意味での肩関節の回復にまで至っていないケースもあります。

しかし、四十肩・五十肩の炎症期の強い痛みが過ぎ去っていくと、痛みが大分緩和されるので、患者さんからすると治った、というような感じに受け止められるのでは無いかと思ってしまいます。

痛みが無くなればOKという方もいらっしゃると思いますが、大事なのは肩関節の動きが十分正常な範囲を動かせているかがとても重要になっていきます。

なので、痛みが無くなっても肩関節が十分に動かせているかをしっかりとチェックしてください。

また痛みが無くなって肩関節の動きが十分に動かせている人でも、日常生活や使い方などを注意していかないと再発しやすいです。

詳しくはこちらをご参照ください。

五十肩は治りますか?という質問に対して

四十肩・五十肩で治療をしているのに、何故中々治らないのか?

今現在、四十肩・五十肩で治療をしているのに中々治らない人や痛みが無くなったけど、肩関節の動きが不十分な方がいらっしゃると思います。

様々なケースやパターンが考えられるので、いくつか治りにくくなっている要因を書きます。

  • 姿勢が悪く、背中を伸ばそうと思っても伸ばせない
  • 頚椎のズレがある
  • 胸椎・鎖骨・肋骨のズレがある
  • 肩甲骨周辺の筋肉が固まっている
  • 巻き肩がある
  • 腰椎・骨盤のズレがある
  • 股関節が内旋位に捻れている
  • 足首が内巻きに捻れている

など、ざっとあげてもこれだけの要素があります。

肩関節に対してどのような影響を与えてしまうかを説明します。

姿勢が悪く、背中を伸ばそうと思っても伸ばせない

姿勢が悪く背中が伸びない状態だと、肩関節が上手く動かせなくなってしまいます。

ご自身でも背中を丸めている状態のまま肩関節を動かそうとしてもとても窮屈な感じがすると思います。

姿勢が悪くとも背中が十分に伸ばせる状態ならば良いのですが、背中が伸ばせないぐらいに固まっていると肩関節に影響を与えるのです。

頚椎のズレがある

画像のように頚椎から肩に繋がる神経や血管が出ております。

頚椎がズレるとこの神経と血管が圧迫され肩の筋肉を硬直させてしまうので、肩関節に影響を与えてしまいます。

胸椎・鎖骨・肋骨のズレがある

(画像左側:肋骨、画像右上:鎖骨、画像右下:胸椎)

肩関節と密接な繋がりがある胸椎・肋骨・鎖骨がズレると肩関節に影響を及ぼします。

肩関節を上げる時にサポートとして、胸椎・肋骨・鎖骨も動きます。

ご自身で肩関節を上げて見ると、胸椎・肋骨・鎖骨が動いているのが分かると思いますので確認して見てください。

この胸椎・肋骨・鎖骨がズレてしまうと、ズレている状態で胸椎〜鎖骨まで固まってしまいます。

その為、肩関節がズムーズに上げる事が出来なくなってしまうのです。

肩甲骨周辺の筋肉が固まっている

画像のように肩甲骨は肩関節と繋がっております。

肩関節を動かす時にこの肩甲骨も動いてサポートするのですが、肩甲骨周辺の筋肉が固まってしまっていると、肩関節も一緒に固まりやすくなってしまう為影響を及ぼします。

巻き肩がある

肩の内側には神経と血管が通っており、巻き肩になってしまうとこの神経と血管を圧迫してしまいます。

そうなると肩関節周囲の筋肉が更に固まりやすくなるので、肩関節に影響を及ぼしてしまいます。

腰椎・骨盤のズレがある

意外にも腰椎・骨盤のズレも肩関節に影響していきます。

画像の赤い部分は広背筋という筋肉です。

この広背筋の起始部は第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突起、仙骨、腸骨稜、第9~12肋骨です。

広背筋の停止部は上腕骨に付着します。

つまり、腰椎と骨盤がズレると、広背筋にも影響が加わり、停止部の上腕骨にも影響を及ぼし、肩関節の動きを制限しやすくなってしまいます。

股関節が内旋位に捻れている

股関節も肩関節に影響を及ぼしていきます。

上の画像は筋膜の繋がりを示しているのですが、股関節が内旋位に捻れてしまうと、筋膜に影響を与えてしまいます。

股関節のねじれ→広背筋の緊張→上腕骨と影響を及ぼし、肩関節の動きを制限してしまうという流れになります。

足首が内巻きに捻れている

足首が内巻きに捻れていると腓骨(赤い部分の骨)側の筋肉に負担をかけてしまいます。

上の画像の青い部分は筋膜の繋がりの部分なのですが、足の外側の筋肉が緊張したり固まってしまうと、肋骨についている筋肉にも影響を与えてしまいます。

肋骨周りが固まってしまうと、肩関節の動きを制限してしまうのです。

四十肩・五十肩は肩だけを見ていても中々良くならない

普段通院している所でどのような施術を受けているかにもよるのですが、四十肩・五十肩は肩だけを施術していても改善しにくい傾向にあります。

私が見た経験値だけでも、股関節で肩が良くなった人や、頚椎のズレで良くなった人、骨盤のズレで良くなった人など、実に様々なケースがあります。

当院での肩の症例の記事もご参照ください。

http://kaijin-seikotuin.com/tag/四十肩/

もし、これを見ている四十肩・五十肩の患者さんで中々治らないという方は、肩だけでなく他の部分が悪くなっていないかをチェックしてもらってください。

四十肩・五十肩で中々治らない方への対策

先ほど、四十肩・五十肩が中々治らない方の要因について説明をしましたが、対策としてはその要因の反対の事をするだけです。

しかし、ズレを自分で矯正したり、骨格に位置を修正したりするのは至難の技です。

対策としては、即効性があるものはあまりありませんが、それでも毎日コツコツと行なっていくと回復していく事があるので、そちらを紹介いたします。

毎日ウォーキングをする

ウォーキングはとてもコスト・リスクが少ない上に、全身をリラックスして動かすことが出来る、とても有効な運動です。

特に四十肩・五十肩で激しい運動をしてしまうとかえって筋肉を緊張させてしまう恐れもあるので、一日30分ウォーキングをすることによって適度に血流を良くして回復を促していきます。

特に、行う時間帯としては朝に行うのが効果的です。

朝日を浴びながら30分ウォーキングすることによって、夜に睡眠を取りやすくなるので、一石二鳥なのです。

アルコールはなるべく控える

炎症期にアルコールをとってしまうと、更に炎症を強くしてしまいます。

拘縮期、回復期でもアルコールをずっと摂取してしまうと体の水分も抜けやすくなり、筋肉や細胞に十分潤いが無くなるので固くなりやすい体質になってしまいます。

お風呂にゆっくりと浸かる

一日の疲れを取る上でも大切なことですが、血流を促進させて行くことで回復を促していけます。

炎症期の場合は、避けた方が良いのですが、拘縮期、回復期の場合は積極的にお風呂に使って血流を促進させてください。

睡眠をしっかりと取る

炎症期の場合は、痛くて痛くて睡眠をしっかり取れない事もあると思いますが、拘縮期、回復期では痛みは落ち着いてくるのでしっかりと睡眠を取りましょう。

睡眠は寝ている間に成長ホルモンを出し体の回復にとても大きな役割をしています。

睡眠不足であればあるほど体の回復力は低下していき、どんなに運動や施術をしていても回復しにくくなります。

睡眠に関しては以下の記事もご参照ください。

スッキリとした睡眠をとれていますか?

同じ姿勢を1時間以上とり続けない

悪い姿勢でも良い姿勢でも1時間以上同じ姿勢をとり続けないようにしましょう。

同じ姿勢を1時間以上とり続けてしまうと血行不良が起こりやすくなります。

血液の循環は筋肉のポンプ作用で全身をくまなく巡っていきます。

しかし、動きが無い状態が1時間以上続いてしまう事で血液の流れは停滞します。

そうすると筋肉を固めやすい状態に陥ってしまうので、1時間経つ前に体を伸ばしたり、歩いたり、肩関節をゆっくりと大きく動かすなどをして固めないようにしましょう。

ストレッチも有効だが。。。

ネットやYouTubeで四十肩・五十肩に効くストレッチや体操など沢山の情報があります。

しかし、四十肩・五十肩といっても足首が影響を出している場合もあれば、頚椎のズレが影響を出している時もあり、股関節が影響を及ぼしている事もあります。

つまり、肩関節に対して動かしたりストレッチをするのも良いのですが、肩関節だけの問題では無いことが多いので、肩関節を動かしたりストレッチをしても効果が少ないですし、かえって悪影響の場合もあります。

先ほどの対策方法は四十肩・五十肩以外の症状にも使える基本中の基本ですが、本来人間は規則正しい生活をしていれば、自然回復力が働き回復していくものです。

基本中の基本が崩れてしまっては、運動もストレッチも無駄になります。

歯で例えれば、虫歯を歯医者で治しても、歯磨きをさぼったらまた虫歯になります。

四十肩・五十肩でも同様に基本中の基本を怠ると再発もしますし、回復もしにくくなってしまいます。

運動・ストレッチはやることは全然良いのですが、基本中の基本をやった上で行うことをオススメします。

海神駅前整骨院の四十肩・五十肩への施術方法

当院での施術方法はこれまでの記事の内容に対して施術をしていきます。

四十肩・五十肩への施術方法を簡潔に言うと

  • 頚椎・胸椎・鎖骨・肋骨・腰椎・仙骨・骨盤のズレを整えていく
  • 解剖学的肢位(理想の姿勢のポジション)に体を整えていく
  • 筋肉の硬結や筋膜の癒着を解消していく

という事をします。

先ほども説明をした通りなのですが、四十肩・五十肩といえど十人十色で、ある人は頚椎で、ある人は腰椎で、ある人は足首で、などなど反応するポイントは様々なので、実際に患者さんのお身体の状態を問診・検査をしてその人に必要なポイントを絞って施術をしていきます。

当院の施術の特徴にも記載していますのでご参照ください。

施術の特徴

まとめ

  • 四十肩・五十肩は放置して良くなるケースもあれば、痛みは無くなるが肩関節の制限が残ったままのケースがある
  • 痛みがなくとも肩関節の制限が残ったままの方は再発しやすい
  • 四十肩・五十肩の方で中々治らない方は肩関節だけ見ていても良くならない
  • 全身の状態を見て施術していく事で回復しやすくなる
  • 運動やストレッチも大切だが、基本の対策をしっかりとしていく事が重要

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

ご予約をご希望の方はこちらをクリック⇒http://kaijin-seikotuin.com/contact/

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、広島県、埼玉県、福岡県