坐骨神経痛とはどんなもの?

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は「坐骨神経痛とはどんなもの?」について記事を書きました。

座骨神経痛と言われたけどどんな状態なのか分からない方や、普段から腰痛をお持ちの方だと腰痛なのか座骨神経痛なのか分からない方が多いと思います。

座骨神経痛の事を理解する事によって対策方法や日常生活での注意点なども変わってきます。

座骨神経痛の方、自分が座骨神経痛なのか分からない方はご一読下さい。

座骨神経痛とは?

座骨神経痛とは、腰椎から足に向かって出ている座骨神経が何らかの組織によって圧迫や刺激を受けて腰から足にかけて痛みや痺れが出る事を言います。

原因

原因としてあげられるものを箇条書きします。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群
  • 内科的疾患

要約するとヘルニアや狭窄症などは椎間板がズレて神経を圧迫したり、腰の骨が狭くなっている事で神経を圧迫したりする事で座骨神経痛が出ると言われております。

梨状筋症候群は梨状筋というお尻の筋肉が座骨神経を圧迫して座骨神経痛を起こすと言われてます。

内科的疾患はガンなどの腫瘍が座骨神経を圧迫して引き起こすと言われてます。

症状

症状も人によって様々な感じ方がありますが、当院に来院された座骨神経痛と診断された方の症状の訴えを箇条書きにしました。

  • 腰からお尻にかけて激痛が走る 
  • 太ももの前側に痛みが出る 
  • 歩くときに太ももの裏側が痛い 
  • 立ち上がるときに足首に痛みが走る 
  • 座っているだけなのにスネに痛みが出る 
  • 歩き始めの時に股関節が痛む 
  • 前かがみになるとお尻に激痛が走る 
  • 寝ている時にお尻から太ももにかけてジンジン痛みが出る 
  • 足裏に痺れる感じがずっとある 
  • 足裏がジンジン痛む 
  • 足の付け根が体重をかけると痛む 
  • 階段を上がる時に膝が痛む 
  • 靴下を履く時や靴を履く動作の時に激痛が走る 

などなど、ざっとあげてもこれぐらいありますが実際はもっと多くの症状があります。

腰から足先までの間に座骨神経が通っているので腰から足先までに痛みや痺れが出るのが特徴です。

一般的な治療方法

病院での治療方法は大きく分けて2つに分けられます。

  1. 保存療法 
  2. 手術

保存療法

保存療法とは分かりやすく説明すると手術をしないでリハビリや薬などで症状の経過を追います。

保存療法といっても様々な方法があります。

薬物療法 

主に薬を使って症状の軽減を図ります。

神経ブロック注射 

座骨神経の出元の腰椎に対して局所麻酔の注射を打ちます。

理学療法

理学療法の中には運動療法、温熱療法、電気療法、手技療法と4つに分かれます。

運動療法は筋肉や関節を動かして硬くなっているのを和らげていきます。

温熱療法は温めて血流を促進させて硬くなっている筋肉や関節を和らげます。

電気療法は電気刺激を与えて血行を促進させて筋肉や関節を和らげます。

手技療法は手で筋肉を緩めていきます。

手術

手術は保存療法で良くならなかった人に対して行なったり、ヘルニアや狭窄症などが原因と考えられる時に手術を行なったり、内科的疾患が原因の場合はそれを取り除く時に行います。

病院によって最初から手術を勧めたり、保存療法から勧めたりとします。

診断方法

座骨神経痛かどうかを診断するのには病院で検査を受けます。

病院でレントゲンを撮っても座骨神経痛かどうかは判断できない為、CTやMRIを撮らないと分かりません。

整骨院でも問診などで患者さんの訴えを確認してどこに症状が出ているかをチェックする事は可能ですが、診断券は整骨院の先生には無いので座骨神経痛かどうかを診断して欲しいという人は病院で検査をして下さい。

当院の坐骨神経痛に関しての関連記事

座骨神経痛が治るのか?と不安になってしまう方も多いと思います。

座骨神経痛についてもこの記事の中で当院の見解や座骨神経痛になってしまう原因について説明をしております。当院での座骨神経痛での施術や理論とメカニズムについて知りたい方はご一読下さい。

坐骨神経痛は治るのか?【原因と対策】

坐骨神経痛になってしまっている方でロキソニンを飲んでいるのに痛みが引かなくて不安になってしまっている方は以下の記事をご一読下さい。この記事では理由とセルフケアによる対策方法も載っています。

坐骨神経痛でロキソニンを飲んでも効かない方へ【理由と対策方法】

坐骨神経痛になってしまっている方で少しでも早く良くしたい方、または動くのがきつくて自分で少しでも座骨神経痛を緩和させたい方は以下の記事をご一読下さい。セルフケアの説明と座骨神経痛をよくしていくためのポイントを説明しています。

坐骨神経痛を早く治したい方へ【理論と方法】

まとめ

  • 座骨神経痛は座骨神経がなんらかの組織によって圧迫を受けたり刺激を受ける事で起きる 
  • 原因は一般的にはヘルニアや狭窄症などの影響が考えられると言われているが、それ以外でも筋肉や関節、骨格の影響で起きることが多い 
  • 症状は様々な感じ方があるが腰から足にかけて幅広く症状が出る 
  • 病院での治療は保存療法と手術がある 
  • 診断は病院でしか出来ない 
  • 治療や施術は病院だけでなく整骨院でも出来る 

ご予約はこちらから

年末年始のお知らせ

NEWS

新しいスタッフの紹介

12月から三橋直人先生が入社致します。

紳士で真面目で笑顔が素敵な先生ですので、皆様よろしくお願いいたします。

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

Twitter⇒https://twitter.com/ySv9yGciT0p1K10

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、埼玉県

(R1/12/04 更新)