坐骨神経痛をセルフで行う治し方【ストレッチ編】

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は「坐骨神経痛をセルフで行う治し方【ストレッチ編】」について記事を書きました。

以前の記事で「坐骨神経痛に効くマッサージとツボ【自分で何とかしたい人向け】」を書いているのですが、マッサージやツボ押しでは無くてストレッチでセルフケアしたいという方もいらっしゃったので今回の記事を書きました。

坐骨神経痛になっている方、ストレッチで坐骨神経痛を良くしたい方は記事をご参考にして頂き役立てて頂ければ幸いです。

坐骨神経痛とは?

以前の記事で坐骨神経痛とは?について説明をしていますので、詳しくは以下の記事をご一読下さい。

座骨神経痛とはどんなもの?

本記事でも要約して説明をすると

座骨神経痛とは、腰椎から足に向かって出ている座骨神経が何らかの組織によって圧迫や刺激を受けて腰から足にかけて痛みや痺れが出る事を言います。

坐骨神経痛は病院で診断を受けると

  • ヘルニアが原因です 
  • 狭窄症が原因です 
  • 腰椎すべり症が原因です

などと言われる事もありますが

当院の見解では

  1. 腰椎・骨盤のズレ 
  2. 筋肉の硬さ

が主に関わっていると考察しています。

なので、セルフケアやストレッチでも腰椎・骨盤のズレと筋肉の硬さに対して行なってく事がベストと考えています。

でも、病院の考え方と整骨院での考え方は違います。

どっちが正しいんだと言われても、どちらも間違いでは無いですし、患者さん自身が信じている方や感じた方、思っている方を選択していけば良いと思っています。

自分は病院と整骨院どちらでも坐骨神経痛は良くなると考えていますので、以下の記事をご参考にしてどちらに行こうか迷っている方は参考にして頂ければと思います。

坐骨神経痛は病院と整骨院どちらに行けば良いの?

坐骨神経痛に対してのストレッチ方法

では坐骨神経痛に対してのセルフケア、ストレッチ方法を説明していきます。

先ほど説明した通り、坐骨神経痛は腰椎・骨盤のズレと筋肉の硬さによって引き起こされると考えています。

なので

  1. 腰椎・骨盤のズレ 
  2. 筋肉の硬さ

この2点に対してストレッチをして行けば良い効果を生む事ができます。

ただし、腰椎・骨盤のズレに対してはストレッチよりも自分自身でセルフ矯正を加えた方がズレを調整するのには適しているので、その方法を紹介します。

セルフ腰椎・骨盤矯正

骨盤のセルフ矯正から行い、腰椎のセルフ矯正を行って下さい。

筋肉に対してのストレッチ方法

セルフ腰椎・骨盤矯正を行なった後は筋肉に対してストレッチを行なっていきます。

ただ、坐骨神経痛と言っても痛みや痺れなどの症状が出ている場所は十人十色です。

なので、自分がどこの部分に痛みや痺れなどの症状が出ているかをしっかりと確認して理解して下さい。

この事は以前の記事で「坐骨神経痛を早く治したい方へ【理論と方法】」にも書いてあるのでご一読下さい。

ストレッチ方法も痛みや痺れなどの症状が出ている部分に対して行なってくので、それぞれ症状が出ている部分に対してストレッチを行なって下さい。

因みに腰に痛みや痺れなどが起こっている場合は、最初のセルフ腰椎・骨盤矯正で対応出来ます。なのでストレッチは足に対して行うものを紹介していきます。

股関節〜太ももの前側ストレッチ

お尻〜太ももの裏側ストレッチ

膝〜スネのストレッチ

膝裏〜ふくらはぎ〜足首のストレッチ

セルフケアやストレッチ時の注意点

セルフケアやストレッチをしている時に注意点がいくつかあります。

ストレッチを行なっている際に以下の事があった場合はストレッチを中止するか、ストレッチの加減を弱めて下さい。

  • ストレッチ中に強い痛みを感じる(我慢出来ないぐらい) 
  • ストレッチを行なった直後、痛みが増す(時間が経過すると前より痛みが引く場合は大丈夫) 
  • ストレッチ中に気持ち悪くなる 

また、ストレッチの目的は筋肉を柔らかくしていく事なので以下の点に気をつけて行なって下さい

  • 息を止めない 
  • 力一杯行わない 
  • やりすぎない

これを無視して行うと逆効果になります。

以上の点を気をつけて行う事で正しい効果を得やすいので、注意して行なって少しでも自身で坐骨神経痛が少しでも良くできるように継続して行なっていきましょう。

また坐骨神経痛が良くなっても、また再発します。「坐骨神経痛は治るのか?【原因と対策】」にも詳しく説明してますのでご一読ください。

なので、適度に自分自身でセルフケアを行う事は再発も防ぐことに繋がりますのでストレッチも適度に行なってください。

まとめ

  • 坐骨神経痛に対しては腰椎・骨盤のズレと筋肉の硬さを解消していく事が大事 
  • 腰椎・骨盤のズレはストレッチよりもセルフ矯正をした方が有効 
  • 坐骨神経痛がどの部分に出ているかによってストレッチしていく場所も変わっていく 
  • ストレッチはやりすぎないように気をつけましょう

ご予約はこちらから

シフト

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

Twitter⇒https://twitter.com/ySv9yGciT0p1K10

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、埼玉県

(R1/12/04 更新)