腰のヘルニアの手術後に痛みが出てきた患者さんの1症例

自律神経失調症,頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

船橋市海神にある海神駅前整骨院です。

今日は当院にご来院された腰のヘルニアの手術後に痛みが出てきた患者さんの1症例を記事に書きました。

今回記事に書いた患者さんは2年前に症状が落ち着き、卒業された患者さんですが、今現在(平成31年4月)でも腰のヘルニアと診断されて通院している患者さん2名と、昔腰のヘルニアと診断されていた患者さん4名が当院に来ています。

今回、昔の患者さんの症例を記事に書いた理由は、今現在通院している患者さんは皆、手術をしたくない、手術をした後は完全に良くなるのか?、手術しないと痛みは消えないのか?という質問を頂いたので記事を書きました。

当院の結論から言うと、手術は最終手段であり、施術によって痛みは無くなっていきます。

しかし、ヘルニア周囲の骨のズレが発生したり、ヘルニア周囲の筋肉などが硬くなってくると痛みは出て来ます。

今回記事に書いた患者さんも手術後は痛みは無かったが、1年2ヶ月後に以前痛かったヘルニアの場所に痛みが出て来たと言う事で当院にご来院されました。

今回はヘルニアと診断されたけど手術をしたくない方、または昔ヘルニアと診断されて今現在腰の痛みを抱えている方、ヘルニアの手術をしたけど痛みが再度出て来た方のご参考になれれば幸いです。

腰のヘルニアの手術をしたけど、痛みが出て来た患者さんの状態

今回の患者さんがご来院されたのは、平成28年11月にご来院されました。

当初、腰椎4番5番のヘルニアという事で手術をされて、手術後は痛みは引いていたそうなのですが、来院される1ヶ月前から痛みが出て来て、また手術をしたくないという事で当院にご来院されました。

症状としては

  • お辞儀をすると痛い(お辞儀が全然出来ない)
  • 座っているだけでも腰椎4番5番の部分がズーンと痛い
  • 寝起きや立ち上がる時に痛い
  • ずっと座っていると左足全体が痺れてくる

といった症状でした。

また、手術をした部分がケロイド状に皮膚がなっており、そのケロイド状になった部分が特に痛いといった状態でした。

検査、施術の経過

お辞儀がほぼ出来ない状態だったのでしっかりと検査をする前に当院ではヘルニアによる痛みなのか?それとも筋・骨格器系の痛みなのかを判断するやり方があるのでそれを行いました。

その方法は3種類あるのですが、以下の事を行いました。

  • 痛みが出ている部分の皮膚と筋肉をつまんだ状態で痛い動作をしてもらい、痛みが減るかどうか?
  • 痛みが出ている所と繋がる骨のズレを正しい位置に戻して痛い動作をしてもらい、痛みが減るかどうか?
  • 痛みが出ている部分の所と繋がる筋膜のラインを押圧して痛い動作をしてもらい、痛みが出るかどうか?

の3つが施術前に行うチェック方法です。

この3つを行なって、お辞儀が全く出来なかった状態から半分近く出来るようになったので、ヘルニア以外が要因で痛みを引き起こしている可能性が高いと考え施術に入らせて頂きました。

この3つに関してはそれぞれ、改善するポイントが明確になるチェック方法です。

痛い部分の皮膚・筋肉をつまんで痛い動作をして痛みが減る理由

痛みが出ている部分の皮膚・筋肉をつまんで痛みが減る場合は、以下の事が考えられます。

痛みを感じ取る神経が豊富に集まっている所があるのですが、それが皮膚の真皮という部分です。

この痛みを感じ取る神経が豊富に集まっている皮膚の部分が硬くなっていたり、パンパンに張っていたりすると、神経を圧迫して痛みを出すので、単純にその部分の皮膚・筋肉をつまんで剥がしてあげるように引っ張ると圧迫していた神経が解放されるので、痛みが軽減するのです。

これで痛みが全然変わらない場合は、その部分の皮膚が問題で痛みを出しているのでは無いのだと判断する事が出来ます。

痛みが出ている所と繋がる骨のズレを正しい位置に戻して痛い動作をしてもらい、痛みが減るかどうか?

痛みを感じ取るのは神経なのですが、痛みが出ている部分の筋肉や皮膚に繋がる神経の出元は脊椎・脊髄です。

自律神経失調症,頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

今回の患者さんは腰部の部分に痛みが出ていたので、腰部の場合は腰椎という腰の骨から神経が出ています。

なので、腰椎という腰の骨がズレていると神経や血管を圧迫してしまい、腰部や足の筋肉が硬くなったりしてしまいます。

なので、腰の骨のズレを正しい位置に戻して痛い動作をしてもらい痛みが減るのであれば腰の骨のズレが痛みを引き起こしている可能性があると判断できるのです。

痛みが出ている部分の所と繋がる筋膜のラインを押圧して痛い動作をしてもらい、痛みが出るかどうか?

筋肉は筋膜という膜で覆われています。

この青い部分が筋膜の繋がりなのですが、痛い部分と繋がる筋膜の部分を押圧して痛みが減るのであれば、痛い部分だけでなく、繋がっている筋膜の部分も硬くなっていて、そこが引き金となって痛みを出している可能性が考えられるという判断ができます。

施術の経過

この3つのチェックに反応があったので、それぞれに対して施術をしていきました。

施術を繰り返し行なって、皮膚、腰椎のズレ、筋膜が整うのに6ヶ月かかりましたが、その後今現在(平成31年4月時点)連絡をした際にセルフケアをしっかりと継続して行なって頂いているようで、痛みは出ていないという事でした。

ヘルニアで手術をしたのに、何故同じような痛みが出るのか?

今回の患者さんからも、手術をしても何故同じような痛みが同じ部分に出るのか?と質問をされました。

当院にもヘルニアの手術をして以後再発していない患者さんもいましたので、その方のお身体をチェックすると、柔軟性が高く、皮膚も柔らかく、腰椎という腰の骨のズレも少ない状態でした。

しかし、その患者さんに全く今まで痛みは出なかったのかと質問をすると、痛みが出る事もあったが、運動したり、ストレッチしたりして柔軟性を高める努力をしたら痛みが引くようになったという事でした。

今でも痛みが出る事があるが、重症化しないように気をつけているという事でした。

ヘルニアになる方の特徴として

  • 体の柔軟性が低い
  • 骨のズレが著明

という2つがあります。

体の柔軟性が低く、骨のズレがある方は筋肉がガチガチに固まっているので、ちょっとした刺激や衝撃で体を支える事に無理が生じやすくなるので、結果ヘルニアというような状態に陥りやすくなります。

なので、手術をした後でも、体の柔軟性を高めていく努力、そして骨のズレを少なくするような努力が必要なのです。

なので、質問の回答としては手術をしても柔軟性が悪くなっていったり、骨のズレが出るような生活習慣や癖があるとまた、同じような痛みが出やすいとお伝えさせて頂きました。

ヘルニアの痛みが手術で一時的に無くなっても、筋肉の硬さや骨のズレは解消されていません。

逆にいうと手術をした後は、リハビリやセルフケアをしっかりしないと、体にメスを入れている訳ですから、硬くなってしまう要素は高いと言えます。

手術をしてもしっかりとご自身の体をケアしていく事が大切ですし、ヘルニアで治療中の方も柔軟性と骨のズレを整えていく事が早期回復のカギとなるのです。

ヘルニアがあっても、直接的に痛みと関係ない?

日本では、ヘルニアがあると手術という選択肢が一般的に多い傾向にまだあります。

しかし、実際に腰痛とヘルニアは関係ない事の方が多いとも言われております。

以下の記事もあるので、ご参照ください。

https://president.jp/articles/-/22463

今現在、当院にヘルニアと診断されてご来院頂いている患者さんも、施術後には痛みは軽減し、回復しています。

皮膚、骨のズレ、筋膜は施術後一時的に良くなっても良い状態で安定するまでには時間はかかりますが、セルフケアなどを繰り返し行なって、当院でも施術をしていけば良い状態に安定していきます。

もし、ヘルニアが主な原因であるならば、施術後にも変化はしない可能性が高いはずです。

しかし、施術後に変化するということは、ヘルニアだけが原因で痛みを引き起こしている訳では無いという事が言えます。

病院でのヘルニアという診断は間違いでは無いです。

しかし、ヘルニアが痛みを引き起こしているかは実際に違う部分もあるのです。

当院では、患者さんが手術をしたく無いといってご来院される方が来られるので、全力で対応させて頂きますし、手術をしようかと迷っている方に、私たちの考えを無理矢理押し付ける事もありません。

しかし、手術は大なり小なり体に負担をかけるので私の息子がもしヘルニアと診断されても、おそらく私は手術を選択しないと思います。

患者さんにも、説明をさせて頂いておりますが、それでも手術をしたいという患者さんもいらっしゃいます。

患者さんの意思を尊重しながら当院では対応もさせて頂きますので、お悩みの方は一度ご相談頂ければと思います。

まとめ

  • ヘルニアと診断されても手術以外にも選択肢はあります
  • 手術後にも痛みが再発する
  • ヘルニアがあっても痛みを引き起こすとは限らない
  • ヘルニアになりやすい方の特徴として柔軟性の低さ、腰椎のズレがある
  • 手術をしても柔軟性を高め、腰椎のズレを少なくする努力が必要

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

ご予約をご希望の方はこちらをクリック⇒http://kaijin-seikotuin.com/contact/

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、広島県、埼玉県、福岡県