首の筋肉の硬直を改善させる為に

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は首の筋肉の硬直を改善させる為に、という事でブログを書こうと思います。

何故、この議題を選んだのかと言うと、首の筋肉の硬直は様々な弊害を体にもたらすからです。

当院でも首こりや肩こりなどの症状の方が多く来院されるのですが、医学が発展しても首こりや肩こりは減るどころか増えていってしまっているのが現状です。

皆さんも首の筋肉が硬直して辛くなった経験は少なからずあると思います。

首の筋肉が硬直すると何がダメなのか、そして原因は、その対処法も含めて説明していきます。

首の筋肉が硬直するとどういう弊害が起きるのか?

首の筋肉が硬直すると体に様々な弊害をもたらします。

首には脳へと血液を送り出す通路となっていますし、神経も脳から全身に送り出す最初の通路です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

また、自律神経にも深く影響を及ぼします。

その首が悪くなってしまうとなれば影響を出さない方が珍しいと言えます。

首の筋肉が硬直していると体に以下のような事が起きる可能性があります。

  • めまい
  • 吐き気
  • ふらつき
  • 頭痛
  • 頭がボーっとする
  • 視野が狭くなる
  • まぶたが重い
  • 耳が聞こえにくくなる
  • 耳鳴りが起きやすい
  • 鼻が詰まる
  • 口が開きにくくなる
  • 首が動きづらい
  • 首が痛い
  • 喉が詰まりやすい
  • 声が出にくい
  • 咳が止まらない
  • 肩がこる
  • 腕が上がりにくい
  • 腕が痺れる
  • 肘が痛い
  • 指が痛い
  • 指先の感覚が鈍くなる

ざっとあげてもこれだけの症状や状態に陥りやすくなってしまいます。

それだけ首というのは大事な部分なのです。

では次に首の筋肉が硬直してしまう原因について説明していきます。

首の筋肉が硬直する原因は?

首の筋肉が硬直するという事は様々な説がありますが、皆さんがイメージしているのが姿勢が悪いと首の筋肉の負担が増える。

というイメージではないでしょうか?

これは大枠でいうと正解だと思います。

私たちの院でも患者さんに姿勢の指導をしております。

ただ姿勢が悪いというのは大枠であって、しっかりと体を検査したり見ていくと

頚椎という骨のズレが首の筋肉を硬直させてしまう直接的な原因となります。


この頚椎がズレてしまう事で周りの血管や神経を圧迫しやすくなり、筋肉に対して血行不良や神経の伝達が通常通り伝わりにくくなり、結果的に硬直してしまうのです。

頚椎がズレてしまう要因とは?

では何故頚椎はズレてしまうのでしょうか?

ここにも様々な要因があるので一部紹介していきます。

  • ストレスを抱えている
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 姿勢が悪いのが一日中続いている
  • スマホをいじっている時間が長い
  • 本をずっと読む事が多い
  • 勉強を長い時間下を向いて行なっている
  • 枕の高さが高いものを使っている
  • まっすぐ前を向いている事が少ない
  • 食生活のバランスが偏っている
  • 昔交通事故にあってむち打ちを患った事がある
  • 出産時に難産だった
  • 昔、首を怪我している

などがあげられます。

昔に頚椎自体を痛めたりしている人は自覚があるでしょう。

特に現代ではスマホやパソコン、ゲームなど下を向いたまま長時間同じ姿勢でいる事が多くなっています。

なので、昔より首の不調を訴えている患者さんは増えている現状になっているのでは考察されます。

それに加えて体を動かす機会が減ってきているので、頚椎がズレてしまっている状態で筋肉が硬直してそのまま固まってしまっているのも一つの要因になってしまっています。

体を動かす事が増えれば、多少頚椎がズレていたとしても筋肉は硬直しにくくなります。

筋肉が硬直していなければ、骨のズレは自然治癒力で回復しやすいのですが

体を動かさない事が増えてしまっているので自然治癒力が働かずに骨のズレが進行して行って悪化していってしまうのです。

では、次に首の筋肉を硬直させない対処法を紹介していきます。

首の筋肉を硬直させない対処法

首の筋肉の硬直は頚椎という骨のズレから発生してしまうと先ほど説明致しました。

そして頚椎のズレは下を向いたり、姿勢不良が続く事や運動不足で起こるという事も説明をしました。

なので首の筋肉を硬直させない為には

  • 悪い姿勢をずっと続けない
  • スマホやパソコンなど、ずっと下を向いて行わないようにする
  • 寝るときはスマホをいじらずに早く寝るようにする
  • 運動不足を解消する為にウォーキングなど行う
  • ストレスは抱え込まずに周りに伝える

簡単にいうとその要因をやらなければ良いという話なのですが、現代では中々避ける事が出来ない方も多数いらっしゃると思います。

そこで、一日の終わりに家に帰ってから行なって欲しい事を3つお伝えします。

  • お風呂にゆっくり浸かって体を温める
  • ストレッチポールで体を伸ばす
  • 巻き肩ストレッチを行う

です。

お風呂にゆっくり浸かって体を温める

これはシンプルですが血流改善を促してください。

一日の終わりにいきなり運動をしたりストレッチや筋トレを行うのは固まった体に危険です。

お風呂に入って血流を促す事である程度筋肉は柔らかくなります。

柔らかくなった後にストレッチや体操をする事でさらに血流促進につながります。

ストレッチポールで体を伸ばす

一日の中で姿勢を伸ばす事がほとんど無いと思います。

悪い姿勢が続けば続くほどそのまま体は固まり、結果頚椎のズレもそのままになって筋肉は硬直していきます。

そこでお風呂に入った後にストレッチポールに乗って丸まって固まった体を伸ばして欲しいのです。

このようなストレッチポールに5分〜10分乗るだけでオッケーです。

乗り方は縦に使ってそのままお尻から頭の先を乗っけて寝るだけです。

このストレッチポールに乗るだけで丸まった背中が少しづつ伸ばされていきます。

巻き肩ストレッチを行う

そしてストレッチポールで体を伸ばした後は、肩が内側に丸くなって固まっているのを改善する為に巻き肩ストレッチを行ってください。

やり方は以下の動画を参照してください。

こちらの動画は当院でも取り扱っている治療法で学ばせて頂いた内容になっております。

以上の3つを行うだけでも首の筋肉の硬直を少しでも対処する事が出来るので行ってみてください。

首の筋肉の硬直に対して間違った対処法

首の筋肉の硬直に対して間違った対処法をやられている患者さんも多く見かけます。

それは

  • 首の筋肉の硬直を直接自分の手で揉む
  • 首を直接ストレッチしている
  • 首をバキバキするように捻っている

この3つは逆に首の筋肉の硬直を悪化させてしまいます。

理由は、首の筋肉が硬直してしまっているのは、結果であって原因では無いからです。

首の筋肉の硬直は、頚椎の骨がズレている事で起こります。

その頚椎のズレは

姿勢不良、運動不足などで起こりやすくなっているので直接首の筋肉だけをいじってもかえって逆効果になります。

原因の姿勢不良や運動不足に対してセルフケアや対処をしていくのが必須になります。

なのでその場が気持ちいいからと首の筋肉だけを直接いじったり、捻ったりすることは行わないようにしてくださいね。

まとめ

  • 首の筋肉の硬直は体に様々な弊害を起こす
  • 首の筋肉の硬直は頚椎のズレから起こる
  • 頚椎のズレは姿勢不良や、運動不足などから起こる
  • 首の筋肉の硬直を改善する為に、お風呂に浸かる、ストレッチポールで体を伸ばす、巻き肩ストレッチを行う
  • 間違っても首の筋肉の硬直を直接揉んだり捻ったりしないでください。
  • それでも中々改善しない場合は、施術をした方が効率が早いので近くの治療院に行って下さい。

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

ご予約をご希望の方はこちらをクリック⇒http://kaijin-seikotuin.com/contact/

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、広島県、埼玉県、福岡県