腰が原因だった膝の痛みの患者さんの1症例

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は当院にご来院されている膝の痛みがあり、正座が出来なかった患者さんの1症例をご紹介致します。

皆さんは膝の痛みと聞くと膝自体に問題があると思ったり、膝の骨が変形して痛みが出るものだと想像されると思います。

もちろん、膝が原因で痛みも出るケースもありますが、そうでないケースも沢山あります。

特に今回の患者さんは病院で変形性膝関節症と診断され、当院にご来院された患者さんです。

病院での診断を受けると、それが全てだと思われる患者さんは多いと思います。

病院での診断を受けると手術しかないと皆さんは思うと思います。

しかし、そうでないケースもある事を皆さんに多く知ってもらいたく今回説明も含めてブログを書きました。

皆さんの参考になれればと思いますので、ご参考にして下さい。

膝痛の主な原因と言われているもの(一般的に)

膝の痛みが出現して皆さんが行くのは病院だと思います。

病院で膝の痛みを訴えて診てもらうと必ずレントゲンなどを取られると思います。

このレントゲンでいわゆる骨に異常が無いかをチェックしていきます。

そして、骨に少しでも異常があれば、変形性膝関節症と診断されます。

もしくは、骨に異常が無ければ湿布や痛み止めなどで処方を受け様子を見たり

筋肉に対してリハビリを行ったりする事が一般的には多いと思います。

もしくはその他の疾患が無いか様々な検査をします。

その代表的なものは

  • リウマチ
  • オスグッド
  • 半月板損傷
  • 膝に水が溜まっていないか?
  • 腸脛靱帯炎
  • 膝関節靱帯損傷

などが代表的なものになります。

これらに疑いや検査の結果診断が下ると、病院で治療を受けるという方が多いです。

今回の患者さんは病院で変形性膝関節症と診断され病院で治療を受けていました。

病院での治療で10あった痛みは7まで下がったものの、未だに正座が出来ないと仰られていた状態でした。

膝の痛みを訴えている患者さんのお身体の特徴

今回の患者さんは病院で変形性膝関節症と診断され、膝にヒアルロン酸の注射をしていたそうです。

ヒアルロン酸の注射は膝の軟骨がすり減った状態を少しでも動きを滑らかにする目的で行われます。

今回の患者さんもヒアルロン酸を打つも、思うように痛みが減らずにいたそうです。

ヒアルロン酸の注射もずっと打ち続けることはしないので、病院で次は手術した方が良いと言われ当院にご来院頂きました。

今回の患者さん以外にも、当院で変形性膝関節症と診断を受けた患者さんや膝の痛みを訴えている患者さんのお身体には特徴がある方が多かったので、その特徴を紹介します。

  • 腰の骨のズレが著名
  • 仙骨・骨盤のズレが著名
  • 腰の筋肉の緊張が著名
  • 足の筋肉の緊張が著名
  • 股関節の動きが正常より狭い
  • 足首の動きが正常より狭い

がほとんどの患者さんに当てはまる事が多かったです。

この悪い特徴を解消して行くと、変形性と診断された患者さんの膝の痛みも解消する事がほとんどです。

それは、何故なのか?という事を説明していきます。

腰・仙骨・骨盤の骨がズレると膝に影響を与えてしまう

図の青いのが神経なのですが、足や膝に繋がる神経は腰椎や仙骨・骨盤から出ていきます。

この神経というのは筋肉に繋がったり、皮膚に繋がったりします。

通常痛みを感じる神経は体のある部分にしかないと言われております。

それは

  • 皮膚(真皮)
  • 筋膜
  • 関節包
  • 骨膜

の4つにあると言われていおります。

骨膜は骨の周りを覆っている膜なのですが、これは変形した膝の骨がその膜を刺激したりすると痛みが感じると言われてます。

また骨膜は骨折したりと骨に影響が出ていると刺激が入り痛みを感知します。

なので、変形性膝関節症と診断されたりした方は、この骨膜に刺激が入って痛みが出ているのだろうと病院は診断をするのです。

しかし、骨膜の痛みは骨折した時と同様の痛みを訴えやすいので、この骨膜に影響が出ているのであれば、足をつくことも不可能なぐらい痛いのでは無いかと想像できます。

しかし、今回の患者さんは歩けるので、変形性で骨に影響が出ているのでは無く、違う組織に影響が出ているのでは無いかと考察しました。

では、その他の皮膚、筋膜、関節包に影響が出ているのでは無いかと考察するのですが

皮膚や筋膜、関節包が硬くなってしまっていると神経を圧迫して痛みが出ると言われています。

では、何故皮膚や筋膜、関節包が硬くなってしまうのか?

というと、腰・仙骨・骨盤がズレてしまう事で神経を圧迫してしまい膝の周囲の皮膚や筋膜、関節包へ神経の伝達が上手くいかずに3つの組織が上手く動かす事が出来ずに固まってしまう為、結果痛みが発生するのです。

今回の患者さんも腰・仙骨・骨盤のズレが著名でした。

今回の患者さんの膝の痛みへの施術方法

今回の患者さんも先ほど説明した通り、腰・仙骨・骨盤のズレが著名なのと、それに伴い腰、足の筋肉はガチガチに固まってしまっている状態でした。

当院では、様々な体の痛みは骨のズレ、姿勢、筋肉の硬さ・筋膜の癒着を解除して行く事で様々な体の痛みを解除出来ると理論立てて施術しております。

この理論通り、まずはガチガチに固まった筋肉の硬さ・筋膜の癒着を解除して行くように施術をしました。

すると正座出来なかった膝の痛みが10→5に減りました(10をマックスの痛みとして)

残りの5の部分に対して腰・仙骨・骨盤のズレを解消して行くと、正座した時の痛みは5→1となりました。

残りの1は違和感やハリ感のみとなりましたので、1回目はここまでとしました。

四日後の来院時は、1に減った痛みは4まで戻るものの、以前より正座が可能になったとの事でした。

再度施術を繰り返し、3週間後には正座しても全く気にならなくなったと経過を頂きました。(平成31年1月20日時点)

何故病院の治療と整骨院などで治療方法や診断が違うのか?

これは、今回の患者さんからも質問を受けたものですが、多くの患者さんから聞かれます。

病院も整骨院も間違った事は言っていないと思います。

では何故治療方法が違うのか?

これには、病院と整骨院で目的が違うという事があげられます。

病院では主に、膝が痛いと言っても重大な疾患が無いかをしっかりと確認してくれます。

実際に膝が痛いと言ってもガンだったというケースもあります。

またレントゲンで膝をとったら正常よりも悪い状態になっているので、変形性膝関節症と診断をするのも間違いではありません。

一方整骨院では、膝が痛いという患者さんに対して診断も検査も十分に出来ない為、重大な疾患が無いかを確認する事は出来ないので、まずは病院でどのような状態なのかを確認しに行く事はとても大切なのです。

整骨院では、その上で筋肉や関節が硬くなっていないか?または腰・仙骨・骨盤のズレが無いかを確認します。

整骨院で主に扱うのは筋・骨格に対して施術を組み立てて行くのです。

私が思うベストは、まず何か症状や痛みがある場合は病院で一度検査を受けてみて、重大な疾患が無いかを確認するのがオススメです。

その上で、ガンやリウマチなどの重大な疾患が無い場合は、整骨院などで施術をする事で患者さんも安心して施術を受ける事が出来ると思っております。

もちろん、最初から当院にご来院されるケースもあるので、ご来院されても大丈夫ですが

万が一の事を考えると病院でしっかりと検査を受ける事は患者さん自身の安心にも繋がるのです。

まとめると、病院では重大な疾患が無いかを確認する。

整骨院では、筋・骨格に対してアプローチして行く。

というのが違いになります。

私が考えているのは、病院も整骨院も患者さんがどのように利用するのか?またはしっかりと両者の違いを理解して上手く活用すれば、患者さんの不安や悩みに対して的確に施術をしていけるので、病院・整骨院をうまく活用していく事が大切だと思っております。

まとめ

  • 膝の痛みは一般的には膝自体に原因があると言われている
  • 変形性膝関節症でも膝自体に原因があるのではなく、腰・仙骨・骨盤のズレが関係している事がほとんど
  • 骨のズレ・姿勢の崩れ・筋肉に対してアプローチして行くと様々な体の痛みは解消されて行く
  • 病院は重大な疾患が無いかを確認できる
  • 整骨院は筋・骨格に対してアプローチしていく
  • 病院・整骨院を患者さんも上手く活用して行く事が大切

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

ご予約をご希望の方はこちらをクリック⇒http://kaijin-seikotuin.com/contact/

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、広島県、埼玉県、福岡県