手首の親指側が痛い患者さんの1症例

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

船橋市海神にある海神駅前整骨院です。

今日は手首の親指側が痛い患者さんの症例を書きました。

手首の親指側の痛みは腱鞘炎や、手関節の痛みだったりと女性に多いのが特徴的です。

実際、当院に手首の痛みを訴えて来られている方は女性がほとんどです。

よく、産後の女性にも手首の痛みや腱鞘炎は多いと言われています。

今回の記事は実際の患者さんのケースも紹介しながら、手首の痛みや腱鞘炎などの症状についても説明しましたので、手首の痛み、腱鞘炎で悩まれている方のご参考になれれば幸いです。

今回の患者さんの状態

初診H31年3月11日、60代女性で立ち仕事をしている患者さんです。

特に手指を使う仕事では無いのですが、2週間前から両手の手首から親指にかけて痛みが出現したとの事でした。

症状としては

  • 物を握る時に痛みが出る
  • 親指を動かした際に痛みが出る
  • 常に肘から手首までの腕の筋肉がパンパンに張っているような感じがする

という状態でした。

それ以外にも、首肩が辛い時がある(毎日では無い)、腰もぎっくり腰を繰り返している(来院時は腰には痛みなし)、左股関節が立ち上がる時や動き出す時に痛い、常に疲れている。

という状態もありました。

手首の親指側の痛み・腱鞘炎は何故起こる?

今回の患者さんも含めてですが、手首や親指などの腱鞘炎などが起こる方には特徴があります。

  • 首肩が硬い、張っている
  • 頚椎・胸椎の骨がズレている
  • 腕の筋肉が張っている

という特徴があります。

この特徴があると、手首の親指側の痛み・腱鞘炎が発生しやすくなります。

以前にもこの理由の事について記事を書いたので、詳しくは下記の記事をご参照してください。

今回の患者さんへの施術経過

今回の患者さんの施術の経過ですが、首肩の筋肉の緊張と腕の筋肉を緩めていくと痛みの度合いはそれだけでもペインスケールが10→3になりました。

次に、頚椎・胸椎の骨のズレを矯正していくとペインスケールは3→0になりました。

もちろん、これで完治という状態では無く次回が来週の火曜日なのでおそらく少しはペインスケールは戻っているだろうと思いますが、指導したセルフケアを行なってもらえていれば痛み自体は戻りにくいだろうと思います。

セルフケアで痛みを戻らなくしていく事で、次回の施術で今回の痛みはしばらく施術をしなくとも大丈夫な状態になっていると思います。

手首の親指側の痛み・腱鞘炎のセルフケア

当院で行なっている施術をそのままセルフケアとして活用出来る手法のものもあるのですが、中々難しい方法もあります。

今回の患者さんにお伝えしたセルフケアですが

  • 腕の筋肉へのセルフケア
  • 姿勢の指導
  • 巻き肩のセルフケア

の3点です。

腕の筋肉のセルフケアは中々ポイントが伝えにくく難しいのですが、今回の患者さんにお伝えした内容なので、以下に記載させて頂きました。

腕の筋肉へのセルフケア

腕の筋肉のセルフケアですが、言葉で伝えると前腕屈筋群の皮膚をつまんで引っ張る。

というシンプルな方法なのですが、シンプルが故に少し難しい方法です。

なので、このセルフケアは来院して頂いている患者さんには直接教えているのでとても有効なセルフケアです。

また、前腕屈筋群の皮膚をただ引っ張るだけでは無く、痛みが消えるポイントを探し出して、特定の皮膚を引っ張るので、ただ闇雲に引っ張るだけでは効果があまり無いので当院に来院されていなく、指導を受けていない方は少しセルフケアとしては難しいと思います。

ですが、それでも痛い側の前腕の皮膚を満遍なく引っ張ると少しは効果が出ますので、当院に来院されていない方も、セルフケアとしては活用出来ます。

姿勢の指導

手首の親指側の痛みや腱鞘炎などは首肩の筋肉の緊張している方が多いです。

首肩が緊張している人は姿勢が丸くなって猫背になってしまっている方が多いので、姿勢を定期的にバンザイをしたり、胸を張る動作を繰り返して下さい。

どれくらい行えば良いですか?とも質問を受けますが、出来るタイミングがあれば何回でも行なってOKです。

座っていたり、立っている状態が同じ姿勢で30〜60分以上経過すると、そのままの姿勢で固まってしまう傾向にあるので、目安としては最低でも60分以上同じ姿勢が続く前に伸ばして頂ければと思います。

また自宅で出来るものとしてストレッチポールが有効です。

シンプルで簡単な方法なので以下の動画をご参照ください。

巻き肩のセルフケア

手首の親指側が痛むや腱鞘炎などの方は猫背になっている方が多いです。

猫背になっていると肩が内側に入り込み巻き肩と言う状態に陥っているので、巻き肩もセルフケアしていく事が大切です。

巻き肩になっていると腕への血流が悪くなってしまうので、巻き肩をセルフケアをすると腕への血流が回復しやすくなります。

巻き肩を改善するためのセルフケアはこちらの動画をご参照ください。

まとめ

  • 手首の親指側の痛みや腱鞘炎は使いすぎだけでなるものでも無い
  • 頚椎・胸椎のズレ、首肩の緊張、前腕の張りが手首の親指側の痛みや腱鞘炎に繋がる
  • セルフケアでも十分に対策を出来るが、肝心の前腕へのセルフケアはシンプルですがポイントが伝えにくいので、詳しくは当院にお聴きください

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

ご予約をご希望の方はこちらをクリック⇒http://kaijin-seikotuin.com/contact/

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、広島県、埼玉県、福岡県