子供の頭痛について【子供でも大人でも頭痛は起きます】

(R2年1月21日更新)

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は「子供の頭痛について【子供でも大人でも頭痛は起きます】」について記事を書きました。

子供が頭痛になると

  • 重大な病気なんではないか?
  • 子供が頭痛なんてなる訳がない
  • 病院で異常なしと言われたのになんで治らないの?
  • 子供だから薬を飲ませたくない

などなど不安やどうすれば良いか分からないことも多いと思います。

なので今日は

お子様が頭痛と訴えている方、子供の頭痛でどこに行けば良いか分からない方、子供の頭痛をどう治療すれば良いか分からない方は記事をご参考にして下さい。

子供の頭痛とは?

子供の頭痛という言葉を聞くと、子供だけ特別な頭痛があるのではないか?と思いがちですが

子供の頭痛も大人の頭痛も大差ないです

ただ、子供と大人の違いは明確なものがあります。

それは、言葉の伝え方のレベルの違いです。

大人と違って子供はうまく言葉で表現出来ません。

頭痛という言葉自体もそもそも分からないですし、頭痛という言葉を知ってもどういうものなのかも理解は出来ないです。

なので子供が頭が痛いとか、変な感じがするなどの訴えがあったら話をよく聞いてあげて下さい。

子供が頭が痛くて辛いのに、親が気のせいでしょうという態度をとっているのは子供にとってはショックです。

まずは、子供の言っている事を受け止めてあげて下さい。

そもそも頭痛って?

子供の頭痛も大人の頭痛も違いはありません。

頭痛には種類があり、原因が不明な頭痛から病気が原因の頭痛まで幅が広いです。

なので、頭痛の種類や分類について説明します。

まず、大きく2つに分類されます。この2つの分類は大まかに言うと病気が原因なのか、そうでないのかの違いです。

  1. 一次性頭痛
  2. 二次性頭痛

一次性頭痛は病気などがない原因不明の頭痛、二次性頭痛は病気などが原因の頭痛です。

ここから一次性頭痛は3つの種類の頭痛に分かれます・

一次性頭痛:偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛

二次性頭痛は様々なものがあるのですが、代表的なものを書きます。

二次性頭痛:くも膜下出血、脳腫瘍、薬物乱用頭痛、髄膜炎、高血圧、風邪

子供が二次性頭痛かどうかは自己判断出来ないので、病院で検査をして下さい。

病院で検査をして二次性頭痛ではなく原因がはっきりしない場合は一次性頭痛の可能性の方が高いという事です。

一次性頭痛の中でも子供の場合は偏頭痛や緊張型頭痛と診断される事が多いというデータもあります。

https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/neurology/information/files/tateno.pdf

上記の病院でのデータでも半分以上が偏頭痛か緊張型頭痛と診断されているそうです。

その他にも一次性頭痛では起立調節障害やストレス性などで起こると言われています。

頭痛の種類やタイプについては以下の記事に詳しく説明していますのでご一読ください。

頭痛のタイプや種類の違いについて

子供でも偏頭痛になる!!

先ほどまでの説明で子供でも大人と同様に頭痛になると説明しました。

でも、皆さんのイメージだと子供で偏頭痛や緊張型頭痛になるなんて考えもしなかったと思います。

子供だからと言っても大人と同様に同じ人間です。

特に子供の時期は色々と環境が変わったり、成長したりしていく中で変化が大きい時期です。

大人でも職場や環境が変わればとても疲れますよね?

子供でも同じ事で、クラスが変わる、引っ越す、学年が変わる、友達と喧嘩する、先生に怒られる、友達に嫌な事される、テストで悪い点数を取った、苦手な体育がある、etc。

学校では実に様々なことが起きます。

またご家庭でも様々なことが起きますので子供は色々と大変です^ー^

子供が頭痛を訴えてきたら、子供だからと軽視しないようにして下さい。

偏頭痛と併せて起こりやすい症状

子供で頭痛持ちの場合、大人よりも敏感なのか併せて起こる症状もあります。

子供が頭痛と併せて出る症状は

吐き気、腹痛、めまい、ふらつきなどの自律神経症状です。

頭痛自体も自律神経症状の一つとも言えるのですが、頭痛と一緒に併発しやすいので子供が頭痛が出た時は無理をさせないよう気をつけましょう。

子供の頭痛の原因

本記事では当院の考えている子供の頭痛の原因では無く、一般的に言われている子供の頭痛の原因について説明します。別記事にて当院が考える子供の頭痛の原因は書きます。

子供でも大人でも言えることですが、頭痛の原因は実に様々なことが要因としてあげられると思います。

子供の場合は大人と違って何が頭痛に繋がるのかも自分自身で理解することは不可能だと思いますので子供に確認しても分からないと思います。

一般的に言われている子供の頭痛の原因ですが

  • 姿勢
  • ストレス
  • 食べ合わせ
  • 睡眠不足
  • 運動しすぎ
  • アレルギー

などが言われています。

姿勢が悪い

大人同様に姿勢は悪ければ悪いほど筋肉に負担を与えます。

姿勢が悪いと

ストレス

ストレスは子供の場合様々な経験や出来事があるので、どういう時に頭痛を感じるかによって影響が出やすいです。ただストレスというのはとても曖昧な表現です。

食べ物

食べ合わせは食べ物によって合う合わないがあり、ある食べ物を食べた後に頭痛が必ず出るようでしたらその食べ物を取らないように心がける必要があると言われてます。

また化学物質が多い食品や外食を取った後などにも頭痛が引き起こされやすいとも言われています。

昔は中華料理症候群とも言われている時期もありました。

中華料理店症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中華料理店症候群(ちゅうかりょうりてんしょうこうぐん、チャイニーズ・レストラン・シンドローム、Chinese Restaurant Syndrome(CRS))あるいはグルタミン酸ナトリウム症候群(グルタミンさんナトリウムしょうこうぐん、Monosodium Glutamate Symptom Complex(MSGSC))とは頭痛顔面紅潮発汗疲労感、顔面や唇の圧迫感などの症状から構成される症候群である。

引用:Wikipediaより

中華料理というよりもMSGと言われているグルタミン酸ナトリウムが引き金と言われています。

睡眠不足

睡眠不足がある場合はすぐに見直しましょう。これは大人でも同様で睡眠不足では筋肉は緊張状態に陥っていますので頭痛が出ます。

運動のしすぎ

運動しすぎの場合は子供の場合、運動をやりすぎて頭痛になるケースもあります。特に夢中になりすぎて呼吸をするのも忘れがちになってしまうと無酸素運動を続けてしまう事になります。大人でも無酸素運動をずっと続けると酸欠で頭痛になりやすいのですが、子供の場合は遊ぶときも運動するときも目一杯やるので起きると言われています。

アレルギー

アレルギー反応が起きると体は交感神経優位になっている事が多いです。交感神経優位になっていると筋肉は緊張状態に陥るので頭痛を引き起こしやすい状況になります。

当院が考えている子供の頭痛の原因

上記の要因も頭痛を引き起こす原因としてあげられますが、当院ではまた別の要因が子供の頭痛を引き起こすと考えています。詳しくは以下の記事に説明しておりますのでご一読下さい。

子供の頭痛の原因とは?【当院の見解を説明します】

子供の頭痛に検査は必要?

子供が頭痛などを訴えてきたら、一度病院に連れていった方が良いと私は思います。

何故なら最初の方に説明をした二次性頭痛の場合は病院でしか分からない為です。

二次性頭痛の場合は命に関わる頭痛もあるので、検査をした方が安心します。

病院で異常がなく問題がないと言われたら二次性頭痛ではなく一次性頭痛の可能性が高いと言うことです。

子供の頭痛の治療法について

本記事では当院の子供の頭痛への施術方法についての説明ではなく、病院での子供の頭痛の治療法について説明をします。当院の子供の頭痛の施術方法や理論に関しては別記事にて説明をします。

子供の頭痛の治療法は

  • 規則正しい生活を心がける
  • 投薬治療

です。

規則正しい生活をしても改善が見られないケースや、頭痛の頻度が高かったり、頭痛がひどい場合は投薬治療という流れが多いです。

投薬治療では大人と同様の薬ではなく、子供用に弱い薬を処方されます。

規則正しい生活をしましょうというのは何とも抽象的なアドバイスだと思われるかもしれませんが、意外に崩れている子供もいるので一度見直して見ても良いと思います。

見直しても何も効果がない方は頚椎のズレや背骨のズレが関与している可能性があります。

大人向けの記事ではありますが以下の記事もご参照下さい。

頚椎のズレから頭痛が起こるメカニズム

また当院の子供の頭痛への施術法や理論についてはまだ記事を作成していませんが、後日記事を作成次第アップしていきます。

子供の頭痛の治し方という当院の施術法に関しての記事を書きましたので、当院の子供の頭痛に対しての施術方法を知りたい方は以下の記事をご一読下さい。(R2年1月24日更新)

子供の頭痛の治し方【当院の施術方法について】

まとめ

  • 子供の頭痛も大人の頭痛も違いはない
  • 子供の場合はうまく言葉で表現する事が難しいので周りに理解されにくい
  • 周りの大人が子供の訴えを良く聞いてあげてください
  • 頭痛には種類があり気をつけないといけない頭痛は二次性頭痛
  • 子供でも偏頭痛や緊張型頭痛は起きる
  • 子供の場合原因が特定しづらいので周りの大人が頭痛が起きるパターンを観察してあげてください
  • 子供の頭痛に対しての病院の治療は日常生活の見直しと投薬治療
  • 当院の子供の頭痛に関しての見解や施術法に関しては別記事にてアップしていきます

ご予約はこちらから

シフト

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

Twitter⇒https://twitter.com/ySv9yGciT0p1K10

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、富山県、埼玉県

(R2/1/10 更新)