線維筋痛症の治療について【当院での施術法の紹介】

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。 今日は「線維筋痛症の治療について【当院での施術法の紹介】」について記事を書きました。 以前「線維筋痛症とは?【日本では約200万人います】」という記事を書きました。その記事の中には一般的に病院での見解や標準治療の説明をしています。 線維筋痛症は原因不明とされていますが、中々明確な治療法が存在していないと言われています。 しかし、線維筋痛症の方にはある共通点があります。 それは「背骨のズレ」です。 なので、当院では線維筋痛症の患者さんには背骨のズレを矯正していき症状を和らげていく施術を行なっております。 本記事では当院が行なっている線維筋痛症の患者さんへの施術方法を動画を交えて紹介していますので、当院の施術を知りたい方はご一読下さい。 少しでも線維筋痛症の患者さんの手助けが出来れば幸いです。

線維筋痛症とは?

線維筋痛症とは1990年に米国リウマチ学会において発表されたものです。 日本ではまだ認知が少ないですが、線維筋痛症の患者さんの数が約200万人いると言われています。 男女比では圧倒的に女性の方が多いと言われており、1:5ぐらいの割合です。 発症年齢も幅が広いですが、主に40歳以上の方が多いと言われています。

線維筋痛症の原因について

線維筋痛症は原因が明らかになっていません。 ただ今の所、脳に問題が生じているのでは?痛みを伝える神経に炎症が起きているのでは?などと考察されています。

当院が考えている繊維筋痛症の原因

医学的には原因不明とされていますが、当院に来院されていた線維筋痛症と診断を受けた患者さん3名ですが、ある共通点がありました。 それが「背骨のズレ」です。 線維筋痛症が完治するわけではありませんが、施術で背骨のズレを矯正するとその場での線維筋痛症と診断をされた痛みは消失します。 その場なので、永遠に痛みが消える訳ではありません。 しかし、その場でも痛みが消えるという事は、線維筋痛症と診断を受けても間違いなく「背骨のズレ」が痛みを引き起こしていると考察されます。 ただ、線維筋痛症の患者さんは皆「背骨のズレ」が著名です。 ただ根気強く「背骨のズレ」を矯正し続けていくと痛みは引いていくのです。 過去記事に「線維筋痛症の原因とは?【当院の経験を踏まえての見解です】」に説明していますので詳しく知りたい方は是非ご一読下さい。

線維筋痛症の治療法について

線維筋痛症の患者さんには共通して「背骨のズレ」があると説明をしました。 なので、当院で行う線維筋痛症の患者さんへの施術は「背骨のズレ」を矯正しています。 当院の線維筋痛症の方への施術方法を紹介する前に、病院での標準治療を説明していきます。 なお、当院は統合医療学会に入会しており、線維筋痛症だけでなく、病院との統合医療を推奨しております。 病院での線維筋痛症の標準治療は
  • 薬物療法
  • 運動療法
  • 認知行動療法
  • 心理療法
  • 生活習慣の改善
  • 代替療法
があります。 それぞれを組み合わせて行う多方面的アプローチを線維筋痛症には推奨しており、病院のみで治療を行うこともあれば、代替医療と並行して、統合医療として施術を組み合わせて行うことも推奨してます。 代替医療とは、鍼灸治療やカイロプラクティック、整骨院などで行う施術の総称です。 代替医療も推奨度がBとされており、A、B、C、Dの4段階評価中、上から2番目の評価を厚生労働省の線維筋痛症に関しての資料に説明されております。 なので病院の標準治療と並行して代替医療も加えて行なっていくことが必要とされているのです。それだけ線維筋痛症が大変辛い症状ということが言えます。

当院が行なっている線維筋痛症の施術法

主に代替医療というと鍼灸治療をイメージすると思いますが鍼灸治療だけが代替医療ではありません。 特に海外ではカイロプラクティックや背骨に対しての治療や施術がポピュラーで日本では背骨に対しての施術があまり浸透していません。 先ほども説明をしましたが、当院では線維筋痛症の患者さんには「背骨のズレ」を矯正しております。 線維筋痛症になぜ「背骨のズレ」が関与しているのかは「」の記事をご一読下さい。 当院で行なっている「背骨のズレ」の矯正方法は
  • 骨をボキボキしない 
  • 急に捻ったりなどの強い力を使わない 
  • 矯正するのに僅か1kgの力しか使わない 
  • セルフケアも簡単に行える
モルフォセラピーという手法を使っております。
  1. モルフォセラピーについて
  2. モルフォセラピーの特徴
を過去記事にて説明していますので詳しく知りたい方は記事をご参照下さい。 本記事では動画にてモルフォセラピーでどのように「背骨のズレ」を矯正しているかを紹介していきます。

頚椎矯正

頚椎を矯正する事で改善が見られる症状は

頭の部位

頭痛、目まい、頭がボーッとする、頭が重い、頭の筋肉がつる、襟足の上の部分の皮膚が赤い。

顔の部位

顔がつる、顔がしびれる、目が見えにくい、視野が狭い、目がくもる、視界が暗く感じる、まぶたが重い、まぶたがピクピクする、耳が聞こえにくい、耳閉、耳鳴り、鼻が詰まる、くしゃみが止まらない、歯茎が痛い、舌がつる、口が開きにくい、口を開けると痛い。

頚の部位

首が回らない、首が痛い、首が後ろに反らせない、喉が詰まりやすい、声が出にくい、声がかすれる、咳が止まらない。

上肢の部位

肩がこる、肩が重い、肩が痛い、腕が上がらない、腕を上げると痛い、腕が痛い、腕がしびれる、腕がつる、肘が痛い、肘が曲げにくい、手首が痛い、手首が曲げにくい、指が痛い、指が曲げにくい、指がしびれる、指先の感覚がにぶい。

胸椎矯正

胸椎を矯正する事で改善が見られる症状

上肢の部位

肩がこる、肩が重い、肩が痛い、腕が上がらない、腕を上げると痛い、腕が痛い、腕がしびれる、腕がつる、肘が痛い、肘が曲げにくい、手首が痛い、手首が曲げにくい、指が痛い、指が曲げにくい、指がしびれる、指先の感覚がにぶい。

胸の部位

胸が痛い、乳房が痛い、脇が痛い、脇がつる、大きく息が吸えない、心臓に妙な鼓動がある。

腹の部位

お腹が張る、下痢しやすい、消化が悪い、便秘、胃が重い、胃が痛い、鼠蹊部が痛い、下腹部が痛い、尿もれ、頻尿、生理痛。

背の部位

背中が痛い、肩甲骨の下が痛い、背中がつる、背中が冷える、腰が痛い、腰が重い、腰に違和感がある、腰が動かない、腰を反らせない、尾骨が痛い。

腰椎・骨盤矯正

腰椎・骨盤矯正をする事で改善が見られる症状

腹の部位

お腹が張る、下痢しやすい、消化が悪い、便秘、胃が重い、胃が痛い、鼠蹊部が痛い、下腹部が痛い、尿もれ、頻尿、生理痛。

背の部位

背中が痛い、肩甲骨の下が痛い、背中がつる、背中が冷える、腰が痛い、腰が重い、腰に違和感がある、腰が動かない、腰を反らせない、尾骨が痛い。

会陰の部位

陰部が痛い、陰部がつる、男性機能の低下。

下肢の部位

お尻が痛い、股関節が痛い、股関節が動きにくい、左右の脚の長さが違う、下肢が痛い、下肢がしびれる、下肢がつる、膝が痛い、膝に水が溜まる、ふくらはぎが硬い、くるぶしが痛い、アキレス腱が痛い、片足だけが冷たい、かかとが痛い、かかとの感覚がない、爪先が痛い、爪先の感覚がない、足の指が痛い、足の指がしびれる、足の裏が痛い。
全体を矯正する事で改善が見られる症状
線維筋痛症、ムズムズ脚症候群、慢性疲労症候群。 動画をみて頂けると分かると思いますが、本当に力を使わずにとってもソフトな矯正治療になります。 むしろ動画を見て、嘘だろうと思う方もいると思います。 モルフォセラピーは弱い力で行う事で効果をより出しやすくなるのですが、強い力で行うと人間は防御反射で緊張するので逆に矯正がしにくくなります。 しかし、弱い力で行う事で緊張せずに受けることが出来るので骨は動きやすいのです。 実際に受けていただくとより理解が出来ますが、モルフォセラピーは弱い力で矯正を行うので安心・安全い施術を受けることが出来ます。 なので線維筋痛症でも施術を行えることが出来るし、「背骨のズレ」が矯正される事で様々な症状が和らいでいくのです。 線維筋痛症でお悩みの方は是非一度モルフォセラピーを受けてみて下さい。 お近くのモルフォセラピーをお探しの方は協会HPに認定院と認定セラピストが記載されていますので以下のリンクをご参照下さい。

まとめ

  • 線維筋痛症の病院での標準治療でも多方面的アプローチを推奨している
  • 多方面的アプローチの中に代替医療も推奨度Bと高い推奨度である
  • 代替医療は鍼灸、整骨などの東洋医学全般やカイロプラクティックなどの背骨に対して行う施術全般などをいう
  • 当院では線維筋痛症の方には「背骨のズレ」が関与していると考察して施術をしている
  • 「背骨のズレ」を矯正するのにモルフォセラピーという手法を使っている
  • モルフォセラピーは背骨のズレを矯正するのにボキボキせずソフトに行えるので安心安全に受けられる
  • 線維筋痛症の方が少しでも痛みを和らいで生活できるようサポートしていきます
【診療時間】
船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、 スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。 毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。 様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。
頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー
海神駅前整骨院 住所:〒273-0021 船橋市海神6-6-12 電話番号:047-432-3680 Twitter⇒https://twitter.com/ySv9yGciT0p1K10 エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/ フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/ instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae ライン@⇒
【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。
友だち追加
≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫ ◎海神駅周辺地域 南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手 ◎船橋駅周辺地域 本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台 ◎西船駅周辺地域 西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山 ≪船橋市以外の地域≫ 千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市 ≪その他≫ 東京都、富山県、埼玉県

(R2/1/10 更新)