股関節を曲げた時に違和感や、歩いている時に痛みが出現する患者さんの1症例

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

 

今日は股関節の症状や違和感を訴えている患者さんの症例の紹介をします。

海神駅前整骨院,股関節

 

患者さんの状態

よくマラソンをする40代女性の患者さんで、ついこの間東京マラソンを完走したとの事でしたが

 

普段の練習から右股関節につまっているような嫌な違和感を感じていたそうです。

 

しかし、ご本人は痛みが出ていないのでそこまで気にすることなく東京マラソンを走ったそうなのですが

 

30キロ地点で右股関節に痛みが走り、休憩しながらで無いと走れない状態になってしまったそうです。

 

何とか休憩しながらでも完走したのですが、翌日に全身筋肉痛と共に右股関節の痛みが強くなり当院にご来院頂きました。

 

検査の状態

検査では右股関節を曲げると股関節の付け根に違和感やつまっている嫌な感じが強く出現。

 

また左股関節と右股関節の動く範囲を見ると右の方が明らかに可動域が狭い状態でした。

 

東京マラソン後なので、全身の筋肉の緊張はもちろん想像できますが、関節まで硬くなっていることを考えると、練習の時点で異常があり、本番でさらに悪化したと考えられます。

 

筋肉・関節が硬くなる要因

痛みが発生してしまうのには、様々な要因が考えられますが、筋肉や関節が硬くなってしまうと痛みが発生します。

 

では、筋肉や関節が何故硬くなってしまうのか?

①姿勢が悪い

②背骨のズレ

③運動不足

④電子機器の使いすぎ

⑤オーバーワーク

 

などがあげられます。

 

①姿勢が悪い

地球では重力があります。

その重力から身体を支えようと筋肉が無意識的に働いてくれているのですが、姿勢が悪い状態だと余計に身体を支えようと働いている筋肉に負担がかかってしまいます。

悪い姿勢で筋肉に負担がかかり続けてしまうと、今度は関節を動かしにくくなり、身体が固まっていってしまいます。

 

②背骨のズレ

筋肉や関節が固まってしまうと、悪い姿勢のままの状態が普通の状態になってしまいますので

悪い姿勢のままなので、背骨が筋肉に引っ張られてズレてしまいます。

背骨がズレる事で、神経や血管の通りが悪くなり、更に筋肉を固めてしまう悪循環に陥ってしまいます。

更に固まった筋肉は、背骨のズレを増悪させていきますので、負のスパイラルになります。

 

③運動不足

現代社会の流れで、デスクワークの方が非常に多いと思います。

また、デスクワークの方でなくても、歩くといった行動自体が少ない方が非常に多くなってしまっています。

運動不足は筋トレやスポーツの事を言っているのではなく、歩く事自体が現代社会では極端に少なくなってしまっているのです。

歩く事は、非常に大切な要素で、筋肉や関節が固まってしまっている方にはとても有効な対策となります。

歩く事で、固まった筋肉や関節を徐々に柔らかくしていき、全身を適度に動かすことが出来るため、程よい刺激になるのです。

ここで、注意してほしいのが、マラソンやジョギングで運動していても、それは、過度な負担になってしまっている事が非常に多いのです。

あくまでも適度な運動が歩く事なのです。

 

④電子機器の使いすぎ

現代社会では、パソコン、スマホ、ゲーム、テレビ、などなどの電子機器が便利で生活の一部になっている事と思います。

少しの時間なら良いのですが、仕事もパソコン、移動もスマホ、家に帰ってテレビ、ゲーム、スマホ等々

一日を通して、全体的に電子機器と向き合う時間が昔と比べても爆発的に増えています。

この電子機器の使いすぎで目の疲れ、電磁波の影響により、無意識的に疲労が溜まっていってしまいます。

特に影響を受けるのが首肩の筋肉です。

 

⑤オーバーワーク

今回の患者さんで該当されますが、筋肉を過度に使いすぎると筋肉は疲労物質を溜め込み、筋肉が硬直して、筋肉の繊維に炎症が起きます。

筋肉痛もその一種ですが、筋肉が成長している証とも捉えられますが、筋肉痛を起こした後の対処も重要です。

しかし、オーバーワークはスポーツや運動で使いすぎだと自覚しているケースだけではありません。

本人が自覚していないのに、オーバーワークになってしまっているケースもよくあるのです。

それが、姿勢の崩れによって、無意識的に同じ筋肉に負担を与え続けてしまい、結果オーバーワークになってしまっている事が近年増え続けてしまっています。電子機器の使いすぎも一種のオーバーワークです。

 

今回の患者さんの問題点

問診・検査をしていくと、問題点が1点はっきりとしていきました。

 

それは、普段の姿勢の悪さからくる腰椎3番の骨のズレが著明にあったのです。

 

腰椎3番から股関節に向って出る神経があるのですが、恐らく骨のズレによって股関節に向う神経や血管が圧迫されて、股関節に痛みを出しているのではないかと考えられます。

 

施術をした結果

1回目の施術後は、痛みは半減したものの、股関節の動かせる範囲はまだ、左側と比べても差がある状態でした。

 

2回目の施術後は、痛みはそんなに気にならないものの、違和感がある、そして股関節の動かせる範囲がまだまだ。

 

3回目の施術後では、痛み・違和感は消失、股関節の動かせる範囲もようやく、左側と一緒になる。しかし、スムーズに行かない。

 

という所まで回復し、また次回来週の経過次第ですが、おそらくよっぽどの事が無い限りは順調にいくと思われます。

 

考察

・股関節の痛みは股関節だけの問題でないことが多い
・今回の股関節の痛みは腰椎の問題から来ていた
・筋肉の緊張は結果的にそうなっているのであって、筋肉の緊張の原因は様々な要素がある

【診療時間】

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

ホームページ⇒http://kaijin-seikotuin.com/

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae