お腹の張りが体に与える影響【全身に影響を与えます】

いつもブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は「お腹の張りが体に与える影響【全身に影響を与えます】」について記事を書きました。

タイトルにも書いてありますが、お腹の張りはお腹だけの問題では無く全身に影響を与えていきます。

勿論、お腹自体の問題もあるかもなので病院で検査をしたりする必要はありますが、病院でも特に異常なしと言われた方は、何が問題でお腹の張りが出ているか謎のまま過ごしている方も多いと思います。

実際にお腹の張りがあると、全身にどのような影響を与えるのか?お腹の張りは何故発生するのか?この部分について説明をしていますのでお腹の張りが気になる方や、お腹の張りを解消したい方はご一読ください。

お腹の張りが全身に与える影響

お腹が張っていると皆さんはお腹自体が問題だと思いますよね?

実際に自分の親族にもお腹の張りがガスが溜まって発生しているケースもあったので、お腹自体が問題でお腹の張りが出ている事もあります。

なので、お腹の張りが病的なものなのか?と不安になられている方は病院で検査を受けて異常がないかをチェックしていきましょう。

病院で検査をして異常が無ければお腹自体が問題でお腹の張りが出ているという訳では無いので、体をチェックしてどこに問題があってお腹の張りが出ているかを確認していきます。

お腹の張りがあると、体に与える影響は様々なものがあるのですが、お腹の張りがなぜ体に全身に影響を与えるかを説明していきます。

早速ですがお腹の張りがあると体にどういう影響が出るのかを言います。

  1. 交感神経優位になっている 
  2. 筋肉が緊張している 
  3. 猫背になっている

この3つがお腹の張りがあると主に影響を出していると考察してます。

それぞれに説明をしていきます。

お腹の張りがあると交感神経優位になってる

お腹には腹筋やお腹の下には内臓があります。

腹筋の筋肉をコントロールしている神経の大元は胸椎という背中の骨から出ています。

この胸椎から腹筋をコントロールしているのですが、この胸椎からは内臓の方に向かって交感神経が出ています。

お腹が張っているという事は筋肉が緊張しているので、胸椎にも影響を与えてそこから交感神経にも影響を与えます。

交感神経に影響が出ると、お腹の張りだけでなく交感神経優位になって全身の筋肉が緊張しやすくなります。

全身の筋肉が無意識的に緊張すると、夜熟睡しにくくなったり、便秘になったり、疲れやすくなったりなどしていきます。

お腹の張りがある

交感神経優位になっている

交感神経優位だと熟睡しにくい、便秘、疲れやすくなる

という影響が出てしまうのです。

お腹の張りがあると筋肉が緊張している

先ほども少し説明をしましたが、お腹の張りがあると腹筋は緊張している状態になっています。

腹筋をコントロールしている神経の大元は胸椎という背中の骨から出ているのですが、この胸椎という背骨がズレていると腹筋へと向かう神経の通りを邪魔してしまいます。

腹筋にも色々な部分がありますが

  • 腹直筋:胸椎5〜12番 
  • 錐体筋:胸椎12番 
  • 外腹斜筋:胸椎7〜12番 
  • 内腹斜筋:胸椎7〜12番

と腹筋のグループはどこも胸椎から支配されています。

なので胸椎の5番〜12番がズレていると腹筋の筋肉は緊張してお腹の張りに繋がっていきます。

腹筋が常に無意識で緊張しているので、例えるとずっとうんこを出そうと踏ん張っているような感じです。(言葉が汚くてすみません)

そんな状態で生活や仕事をしていると疲れやすいのはもちろん、お腹以外の筋肉や関節も動かしにくいですし影響を及ぼしていくのは容易に想像できると思います。

お腹の張りがあると猫背になる

お腹の筋肉が緊張している状態はうんこを出そうと踏ん張っているような状態です。

うんこを出そうと踏ん張っている姿をイメージすると分かると思いますが丸まって猫背になりますよね?

なので無意識的に腹筋が緊張していると丸まってしまうのです。

猫背になると人によってですが、反り腰に繋がったり、巻き肩に繋がったり、頭の位置が前に出すぎてしまったりと全身に様々な影響を与えます。

お腹の張りが何故発生するのか?

お腹の張りがあると

  1. 交感神経優位になっている 
  2. 筋肉が緊張している 
  3. 猫背になっている

という状態になるので全身に影響を与えてしまうと説明をしてきました。

では、なぜお腹の張りが発生してしまうのでしょうか?

これにも様々な理由が存在します。

  • 内臓疲労がある 
  • 緊張する事が多い 
  • 常に力を入れて行動している 
  • 普段から姿勢が悪い 
  • 運動不足 
  • 食生活の乱れ 
  • 睡眠不足

などなど様々な理由があります。

これらの理由は間違いなく関係してきますが、これらに共通している部分が存在します。

それが背骨・骨盤のズレです。

背骨・骨盤には自律神経だけなく運動神経や知覚神経などの大元の脊髄神経を通しています。

背骨・骨盤のズレがあると神経の大元自体に影響を与えていきますので、自律神経の働き、筋肉への影響、姿勢への影響を受けてしまうのです。

また上の画像のように背骨の前には血管も通っています。

背骨のズレが発生すると体が捻れるようにズレていくので背骨を中心に雑巾絞りのような状態になります。

そうなると背骨の前を通っている血管も雑巾絞りのような状態になるので血流が悪くなり、お腹から足にかけても血流低下してしまうので筋肉も更に固くなりやすいです。

なのでお腹の張りが起きてしまう原因は、背骨・骨盤のズレという事なのです。

お腹の張りをチェックしてみましょう

お腹の張りを確認するのには、自分たちは直接お腹を触診してチェックしていきます。

しかし、皆さんはどういう状態がお腹の張りがある状態なのか理解しにくいと思います。

でも意外にパッと見で分かる事もあります。

上の画像のように仰向けで寝ていただいてお腹が自分の肋骨よりも膨らんでいたり山みたいに盛り上がっていた場合は相当交感神経優位になっていてお腹の張りが強いという事です。

この場合は、体に様々な影響を既に与えてしまっている可能性が高いです。

この状態であるならば、すぐに施術をしたいという状況です。

あとは自分自身でチェックをするならば自分でお腹の触って筋肉がゴリゴリに固まっている所が無いかをチェックしたりするのもオススメです。

自分自身で触る事で、自分の状態を確認できますし自分で調子が良いと思っていても実際はお腹の張りや固さがあったという場合もあります。

自分で調子が良いと思っていてもお腹の張りがあったり筋肉が固くなっている場合は、体の評価としてはあまり良くなく、このケースだと自覚症状が無くともケアやセルフケアをしてあげた方が良い状態と言えます。

なので、自分自身のお腹の張り具合を確認する場合は

  • 仰向けで寝て、自分の肋骨よりもお腹が膨らんでいるか?山のように盛り上がっているか? 
  • 自分自身で触ってお腹が固くなっているか?

を確認して下さい。

お腹の張りを自分自身でチェックしていく事で、自分自身の健康診断では無いですが状態を確認していけますので是非毎日継続して見て下さい。

毎日続けていくと、自分の体のチェックするレベルがどんどん上がっていきますので分からない場合や質問などがありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

まとめ

  • お腹の張りは全身に影響を与えます 
  • お腹自体の問題もあるかもしれないので病院でも検査しましょう 
  • 病院で異常がなければお腹自体の問題ではないので他をチェックする 
  • お腹の張りがあると交感神経優位になる、筋肉が緊張する、猫背になるという状態に陥る 
  • お腹の張りが発生する原因は背骨・骨盤のズレが影響している 
  • お腹の張りを自分自身で簡単にチェック出来るので毎日チェックしてみて下さい 
  • 自分で状態をチェック出来るようになるとセルフケアやケアをするタイミングがわかる 
  • ケアするタイミングが分かると予防にも繋がるので継続してチェックしていきましょう

緊急事態宣言後の営業について

緊急事態宣言やロックダウンが起きた時の当院の営業について

ご予約はこちらから

予約・問合せ

お知らせ

5月のシフト

6月のシフト

【診療時間】

船橋市海神の海神駅にあります、モルフォセラピー施術院であり、

スポーツ障害や体の痛みの早期回復に取り組んでいます。

毎月3・4回外部でお医者さんの勉強会に出たり、技術を高める為セミナーに参加し、日々医療の進歩と共に学びを続けております。

様々な臨床を通して培ってきた経験で、患者さんの筋骨格器系〜自律神経症状に精通している、海神駅前整骨院です。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,モルフォセラピー

海神駅前整骨院

住所:〒273-0021
船橋市海神6-6-12
電話番号:047-432-3680

Twitter⇒https://twitter.com/ySv9yGciT0p1K10

エキテンサイト⇒http://www.ekiten.jp/shop_5487839/

フェイスブック⇒https://www.facebook.com/%E6%B5%B7%E7%A5%9E%E9%A7%85%E5%89%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-1792433384382083/

instagram⇒https://instagram.com/_u/kaijin_ekimae

ライン@⇒

【注意】当日来院ご希望の方はすぐにメッセージを確認出来ない場合がありますので、当日ご来院希望の方は電話にてお願い致します。

友だち追加

≪船橋市内でよくご来院頂く地域≫

◎海神駅周辺地域

南本町、海神 、 海神町、海神町東、海神町西、海神町南、南海神、行田、行田町、山手

◎船橋駅周辺地域

本町、湊町、浜町、若松、日の出、西浦、栄町、潮見町 、高瀬町、東船橋、宮本、市場、夏見、夏見町、夏見台、米ケ崎町、高根町、金杉町、金杉、金杉台、緑台

◎西船駅周辺地域

西船、山野町、葛飾町、印内、印内町、本郷町、古作、東中山、古作町、古作、二子町、本中山

≪船橋市以外の地域≫

千葉市、銚子市、習志野市、市川市、松戸市、鎌ケ谷市、浦安市、野田市、成田市、柏市

≪その他≫

東京都、埼玉県

(R2/2/28 更新)